裸眼3Dデバイス
■裸眼3Dデバイス事業の第一弾として、裸眼3DスマートフォンのOEM供給を行っております。 3Di Alpha A630
■3Di Alpha 主要SPEC
■参考価格
最適化されたLCD配列方式 独自のLCD配列方式で 3D立体視の世界を映し出す パララックスバリア方式に基づいて、多視差のあるビュー を通じサブ画素子サンプリング、サブピクセルの配列合成 サブピクセル基準などの合成を1枚の多視点立体画像に 生成し、画像に割り当ててLCD画素アレイの表示が出来る。 ビュー合成のスピードと効率を高めるためのアルゴリズムの 最適化と画像視ポイント行列の構築により貴方の経験と 想像を超える素晴らしい体験が出来る。 多色彩等細部にこだわり、私たちは2Dの表現も 同様に重視する “3Di Alpha”は6インチのFHDのIPSディスプレイを採用。 高色彩度や広域色で、鮮明で自然なハイビジョン画質を表現できる。 1200:1の超高コントラスト、 色の高張力な表現力で3Dモードでは輝度が60%アップし、更に鮮明に。 その独特な分子レベル変換構造、タッチ無影、無水紋の特徴を重視して、 私たちは裸眼 3D効果だけでなく2D表現も重視している。 低クロストーク・高画質・高速応答 伝統的な3Dディスプレイより、液晶パネル内配線幅の縮小を通じて、 光の利用率を大きく上昇、クロストークノイズ率を98%減少し、 視聴時の不快感を大きく改善した。 その上、独自の自由視区と視覚向上のアルゴリズムに、 高ノイズ技術により99%の モアレを除去し、眼精疲労を解消して、 ベストな状態の裸眼3D映像を見る事を保証。 様々な技術の集大成で厚さ3μmの 高精度を実現 裸眼3Dの視覚効果はパララックスバリアとLCD画素の規格に依存。 私達は精密な技術で、厳しい品質管理を行っている。 究極を追求するために、快適な裸眼3D効果を動的にフィットし、 モアレの増幅作用によりCCD光電変換部品の配合及びデジタル画像処理技術 電気制御格子と液晶モジュールとの密着精度を動的に適応。 現在の技術で限界に近い厚さ3μm-4μm以内を実現。
1920X1080 1200:1 367PPI 3μm 98%減少 99%除去 解像度 | コントラスト度 | ピクセル密度 高精度フィット | クロストークノイズ | モアレ |
3Di Coreアルゴリズム 3D性能を最適化して、皆様に最高の立体視を提供 多視点画像融合アルゴリズム 3Diアルファが持つユニークな内蔵デコード、自動3Dレンダリングおよび「2D+デプスマップ」「デュアルビュー」または「マルチビュー」および他の多くのビデオの種類とフォーマットを、識別することができ、高度なハードウェアデコード技術へのビデオのフルアクセスを持ったエンジンと多視点画像融合アルゴリズムは、強力で安定した再生性能を提供します。
最も安定かつ円滑な感覚的な立体視体験 ハードウェア/ソフトウェア技術の最適化による3Dグラフィックス、画像処理の負荷分散等の組み合わせで貴方は奥行のある空間を認識し見事な立体視体験が出来ます。 快適な3Dリアルタイム調整 裸眼3Dディスプレイ技術は、それぞれ異なる画像を表示し、3次元視覚効果を得る ために、左右の目の視差を利用します。 60-65mmの人間の瞳孔間距離に基づいて、3D効果をリアルタイムで動的に調整することができ、誰もが簡単に快適な3Dサイズを得ることが出来ます。
3Di Coreアルゴリズム | 調整可能な3D効果 | 最適化された3Dグラフィック処理 スーパーデコード能力 様々な瞳孔間距離に適応 安定かつ円滑なビジュアル体験を提供
P2P BANK All rights reserved. サイト内の写真 ・ 文章の転載 ・ 転用 ・ 引用 ・ 複写複製行為を禁じます