S3D脳活性化
[Egg3D VTS ] S3D(立体視)最先端技術による脳活性化 視空間脳体操:視空間認知能力の向上 脳に送られる情報の80%は視覚情報!視空間認知能力を鍛えれば脳は活性化する!P2P BANKは最先端の独自・立体映像技術(国際特許申請技術)を活用し、認知症に負けない元気な脳を作るとともに、 軽度認知障害(MCI)を早期に発見し、 薬を使わない認知障害の改善を実現します。
背景-世界の認知症事情 <世界の認知症患者数約5千万人-2050年には3倍の1.3億人に> 日本
中国 認知症患者数が世界一、独居も急増―中国 全世界の4分の1を占め世界最多となった。 85歳から93歳までの高齢者のうち25%が 発症している計算になる。今後も増加傾向が続き 2020年には1020万人、2040年には2250万人の 患者を抱えると予測されている。 Record China 高齢化スピードが速い傾向にある中国は2050年の 認知症人口3000万人 中央日報
アメリカ アメリカ・アルツハイマー病協会の「2010 Alzheimer's Disease Facts andFigures」によると、現在、アルツハイマー病患者は530 万人との報告が公表されている。今後の見通しでは、20 年後の2030 年に770 万人、2050 年には1,100 万人になると推計されており、アメリカにおいても、わが国と同様に認知症高齢者対策は喫緊の課題となっている。
背景-3Dコンテンツの効果 3Dコンテンツで認知機能・情報処理能力が劇的に向上 効果は2Dコンテンツの5倍!! 『イギリス ゴールドスミス大学 調査・研究結果発表』
被験者に同じ映画作品の2D版/3D版を観賞させた。 ・3D映画:脳の認知機能活性化、情報処理能力23%UP ・反応速度11%UP 2D映画の5倍の効果 ・脳の活性化状態が約20分持続
加齢による認知症予防に効果 ⇒『3D映像を見ることに認知能力低下を解決』
今後は進化する3Dコンテンツがエンターテインメントだけでなく重要な役割を持つ。
背景-脳トレの効果
立体視力の変化を脳科学で捉える <立体視力=脳内の視覚信号伝達>の変化を解明 ■認知症の約50%を占めるアルツハイマー病では、早期より立体視に障害が起こる。立体視力を正確に計測することで、認知症及び早期認知障害(MCI)の<診断・判定ロジック>を確立。
■視覚力アップのための脳内トレーニングにより、症状段階に応じた認知症の<進行予防プログラム体系>を構築する。
目標物
左目の映像 右目の映像 脳内(視覚野)で重ね合わされた映像
どう見えているのかをタブレットで確認
同時に信号経路 を測定
② 脳内視力
① 眼球視力
(1)脳内視力の衰えを未然に防ぐことにより、 “認知症予備軍”と言われる「軽度認知障害」 (MCI:Mild Cognitive Impairment )から 認知症の発症を予防。 (2)さらに、【視空間脳体操 『Egg3D VTS』】 により、脳の機能を左右バランス良く使うこと で、脳の機能を高めることができ、 認知症の進行を予防。
視覚判定と脳の相関を解明
P2P BANK All rights reserved. サイト内の写真 ・ 文章の転載 ・ 転用 ・ 引用 ・ 複写複製行為を禁じます